最新情報はtwitterで随時更新しています。2021.12.18引き渡し。2022.8.7愛犬ももちゃんお迎え。

モバイル保険の請求大成功!Applecare+と補償内容を比較してみた

  • URLをコピーしました!

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

iPhoneを持っている人は急なトラブルや故障に備えてApple製品専用の保証サービスApplecare+を契約している人が多いのではないでしょうか?

我が家の生活スタイルではモバイル保険の方がメリットが大きいと感じたため契約しました。

結果・・・買って1年未満のiPhone13miniを落としてしまい、モバイル保険の請求をしてみました。

6日後に修理費用の59,400円全額が振り込まれたので契約してよかったです。

本記事ではモバイル保険とApplecareの徹底比較をしていきます!

この記事が役に立つ方

  • Applecareとモバイル保険の比較をしたい方
  • モバイル保険に加入しようか迷っている方
  • モバイル保険はどんなものか知りたい方
  • 固定費を抑えて節約したい方

モバイル保険の詳細・加入はこちら

こりんまま

2022年12月30日、愛犬ももちゃんの散歩中に、iPhone13miniを落として、電源は入るものの、背面のガラスが割れてヒビだらけになったよ!

ももちゃん

簡易的なケースじゃなくてしっかりとしたケースにいれようね!

ぽんぱぱ

早速修理に出したら、59,400円。高いな

ももちゃん

ママ、モバイル保険に加入していて全額補償よかったね!

目次

モバイル保険とは

モバイル保険とは、さくら少額短期保険株式会社が販売するモバイル通信端末用の保険です。

保険料は月額700円で、スマートフォンなど主端末1台、副端末2台の合計3台を登録できます。

主端末1台は最大10万円まで、副端末2台は最大3万円までの修理代金が補償されます。

副端末はスマートフォン以外にも、スマートウォッチやワイヤレスフォンなどを登録できます。

こりんまま

まるもも家では主端末がこりんままのiPhone13mini、副端末にスポーツウォッチ(ガーミン)を登録してるよ。

ガーミン楽天市場店
¥60,800 (2023/11/25 12:40時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Applecare+とは

AppleCare+とは、Appleが提供するApple製品専用の保証サービスです。

端末の種類によって月額料金に違いがあります。

たとえば、iPhone15であれば、月額1,180円(税込)、2年間23,800円(税込)です。

すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間無償テクニカルサポートがついていますが、

AppleCare+とAppleCare+ 盗難・紛失プランのどちらに加入すれば保証とサポートが延長されます。

過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを利用回数の制限なく受けられます。

モバイル保険とApplecareの比較

モバイル保険とApplecare+(iPhone15)のサービス内容や補償内容について以下の表にまとめました。

スクロールできます

モバイル保険

Applecare+

Applecare+盗難・紛失
月額(税込)700円1,180円1,340円
一括払い(2年分)なし23,800円26,800円
支払方法口座振替
クレジットカード
キャリア決済
デビットカード
クレジットカード
キャリア決済
デビットカード
クレジットカード
キャリア決済
加入期限購入日から1年未満※1端末購入から
30日以内
端末購入から
30日以内
契約期間料金を支払い続ける限り料金を支払い続ける限り
   (月払いのケース)
料金を支払い続ける限り
   (月払いのケース)
補償内容外装破損、故障、水漏れ、盗難外装破損、故障、水漏れ外装破損、故障、水漏れ、盗難
申込みする申込みする申込みする
モバイル保険とApplecare比較表

※1 購入日から1年以上経過した場合でも、メーカー・キャリアから提供されている補償サービスに加入していれば加入可能です。(端末が正常に動いている状態の場合)

モバイル保険とApplecare+の自己負担金はいくら?

モバイル保険とApplecare+の故障した時に自己負担金はいくらかかるのか気になりますよね。

それぞれ解説しましょう。

Applecare+の自己負担額

Applecare+では、自己負担額を支払えば年間無制限で故障や修理、盗難紛失に対応しています。

また、エクスプレス交換サービスという特典もあります。

エクスプレス交換サービスとは、AppleCare+に加入している方なら新品もしくは新品同様のiPhoneを宅配で届けてその場で交換してくれるサービスです。

バッテリーも新品同様に復活し、本体もほぼ新品の状態で届き交換ができます。

こりんまま

自己負担額は2023年11月時点でのiPhone15であれば以下の通りだよ

・画面または背面ガラスの損傷:3,700円

・過失や事故によるそのほかの損傷:12,900円

・盗難または紛失:12,900円(AppleCare+ 盗難・紛失プランのみ)

・エクスプレス交換サービスは宅配便にてすぐに交換機が届く:12,900円(iPhone15)

モバイル保険の自己負担額

モバイル保険の外装破損、故障、水漏れ、盗難に対する自己負担額は基本的にはかからず0円です

年間利用回数は無制限で、修理補償金額の上限を超えなければいつでも0円でとてもお得な保険です。

年間最大補償額を超えてしまった場合は、超えた分の差分を支払う必要があります。

主端末1台、副端末2台まで登録ができますが、それぞれ年間最大補償金額が異なります。

ももちゃん

こりんままはiPhone13miniを主端末、アップルウォッチとスポーツウォッチ(ガーミン)を副端末に登録してるよ!

修理可能な場合と修理不能・盗難の場合では補償額が違います。

補償金額は以下の通りです。

<修理可能>
主端末:年間最大10万円まで補償
副端末:年間最大3万円まで補償

<修理不能・盗難時>
主端末:年間最大2.5万円まで補償
副端末:年間最大7,500円まで補償

こりんままが携帯を落とした時は、修理可能の対応だったので、年間最大10万円まで補償されました。

こりんまま

iPhone13miniの修理費用59,400円が1週間以内に入金されたよ!

ぽんぱぱ

修理はメーカー、正規サービスプロバイダ、街の修理店でできるよ!

Applecare+のメリットデメリット

Applecareのメリットデメリットをまとめると以下の表のとおりです。

メリットデメリット
エクスプレス交換サービスがあり宅配便にてすぐに交換機が届く(iPhone15の場合12,900円)
バッテリー容量基準が 80%の場合バッテリー交換可能 

盗難に対応したApplecare盗難・紛失プランがある
Phone購入時または30日以内しか申込みできない
月額利用料が端末の種類によって違い割高
修理時に自己負担がかかる

モバイル保険のメリットデメリット

モバイル保険のメリットデメリットをまとめると以下の表のとおりです。

メリットデメリット
月額700円で利用料金が安い
修理時の自己負担額0円
主端末1台、副端末2台登録できる
機種変更後も端末登録すれば継続利用できる
AppleCare+やキャリアの補償とも併用可能
主端末補償に年間10万円、副端末補償に年間3万円の上限がある
バッテリーの劣化をはじめとする自然故障は補償されない

まとめ

電話やネット、SNS以外にもキャッシュレス決済など様々なことに使えて、生活に欠かすことのできないスマートフォン。

最近では本体も修理代金も高くなってきてるので急なトラブル対応のためにも保険の加入はマスト!!

モバイル保険、実際使ってみた結果・・・59,400円がすぐに振り込まれて超おすすめ

Applecare+と比較しても月額料金が安く、自己負担額がかからないのもポイントです。

携帯電話が壊れる前に加入するといいでしょう!

壊れてからでは高額な出費がかかり後悔するかも?!

ももちゃん

モバイル保険を使ってみてすぐに保険金が入金されるのは助かるね!

ぽんぱぱ

次回からはもっとしっかり丈夫なケースに入れるんだよ!

モバイル保険の詳細・加入はこちら

   

ブログ村のランキングサイトに登録しました。

応援クリックいただけると、励みになります!!
↓  ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次